会の説明  会員リスト  MCMだより 当方見聞録その1  当方見聞録その2 親子のための手打ちそば   親子のための手打ちうどん  源平うどんトップページへ
親子のための手打ちそば

制作者佐野薫に断りなく転載禁止

小学生低学年と親子が楽しめる手打ちそばの作り方です

文章は子供向きではありませんので親が教えてあげてください

はじめに 初めての子供でも成功するようにしてあります。そのために
①そば粉の比率が多いと切れやすく作業が難しいので小麦粉の(割り粉)比率を高くして、そば粉6対小麦粉4にしました。
②延ばしたときに大きくならないように粉の量は120gにしました。
③子供は迅速な作業ができません。途中で乾いてきますので水の量を多くしました(加水率50%)。
④他にも手にくっつくのを防ぐために箸で混ぜる。ラップの芯棒を麺棒の代用にする。包丁による怪我防止のためにビデオテープのケ ースをコマ板代わりに するなどの工夫をしてあります。⑤親が作るときには材料に倍率をかけてください。ただし、500gを超えると 大きくなって作業が難しくなります。
用意するもの そば粉70g 小麦粉50g 打ち粉(そば粉でも小麦粉でもよい)。
水60gを30g・15g・15gに分けておく。
量が少ないので粉と水の僅かな違いでも失敗につながります。秤で正確に計量のこと。
ボール 泡立て 箸 小さじ 麺棒(ラップの芯棒) ビデオケース 包丁 まな板 


(1)そば粉と小麦粉をよく混
ぜ合わせる。
(2)水30gをかたよらないよ
うに入れる。
(3)箸で1分間ぐらい混ぜて
水をゆきわたらせる。
(4)次に水15gを入れる。
(5)固まりの大きさが平均に
なるようにする。
(6)指ですくい上げるように
して混ぜる。こねてはいけない。
(7)このように小さな粒にな
ればよい。
(8)残りの水15gから小さじ
に1ぱいをとっておく。

(9)残りのの水を入れる。 (10)よく混ぜる。 (11)指で持ち上げるように混
ぜていると色が濃くなり固まり
が大きくなってくる。
(12)取っておいた小さじ1ぱ
いの水を入れる。(魔法の水)

(13)指を立てて熊手のように
左右に回すとたちまちのうち
に固まる。
(14)やがて2~3個にまとま
るので、あつめて1個にする。
(15)手のひらで押しつけるよ
うにして折りたたみながらつ
やが出るまで何度もこねる。
(16)表面がなめらかになりつ
やが出てくればよい。
(17)周りを中心に向けて折り
こむ。
(18)板の上で転がして円
錐状にする。
(19)このようになればよい。 (20)尖っている方を下にして
回わすようにしながら押さえる
(21)このようになればよい。 (22)両手を重ねやさしくて少
しずつ回しながら薄くする。
(23)厚さ8ミリくらい。特大の
草加せんべいのようにする。
(24)打ち粉を表と裏にたっぷ
りと振る。
(25)円の直径方向に麺棒を
ころがして菱形を作る。
(26)このようになればよい。 (27)次に幅の狭い方も同じ
ように延ばす。
(28)四角になればよい。
(29)四辺をそれぞれ延ばし
てゆく。
(30)均一な厚さのチェックは
二つに折って指を動かしてみ
るとわかる。
(31)小さいのでびょうぶ折り
にする。
(32)こま板の代用にビデオテ
ープのケースは安全で使いや
すい。
33)切りあがった麺は包丁
ですくっていれるとよい。