会の説明  会員リスト  MCMだより 当方見聞録その1  当方見聞録その2 親子のための手打ちそば   親子のための手打ちうどん  源平うどんトップページへ

親子のための手打ちうどん

制作者佐野薫に断りなく転載禁止

小学校低学年と親子が楽しめる手打ちうどんの作り方です
文章は子供向けではありませんので親が教えてあげてください。

はじめに 初めての子供にも成功するようにしてあります。そのために。
①扱いやすい大きさになるよう小麦粉の量を150gにしました。
②子供は素早く作業ができませんので途中で乾いてきます。そのために塩水の量を(加水率50%)にしました。
③手にくっつくのを防ぐために箸で混ぜる・ラップの芯棒を麺棒の代用にする・包丁による怪我防止のためにビデオテープのケースをコマ板代わりにするなどの工夫をしました。
注意 粉、水ともにはかりで正確に計量してください。少量ですからわずかの違いで仕上がりに大きく影響します。
用意するもの 小麦粉(中力粉)150g。打ち粉にするための同じ小麦粉を50gくらい。
水90gに食塩10gを溶かした濃度10%の食塩水を作っておく。{冬8%・春秋10%・夏12%}
ボール 箸 ビニール袋 麺棒(ラップの芯) ビデオケース 包丁 まな板


(1)75gをかたよらないように
全部入れる。
(2)箸で混ぜ合わせる。 (3)次第に固まりが小さくな
る。
(4)このようになればよい。

(5)指でつまむようにしながら
まとめる。
(6)手のひらで押しつぶすよ
うにして固まりを作る。
(7)はじめは粗い。 (8)何度かねっているうちに
少しきれいになるので、ここで
止める。

(9)いつまで練っても同じだ
からビニール袋で15分程寝
かせる(熟成)
(10)軟らかくなるので四隅を
折り込む。
(11)ひっくり返して押さえて
折り目をくっつかせる
(12)このようになればよい。
(13)15分ほど寝かせる。 (14)このようにきれいな肌に
なればよい。
(15)周りから寄せてチューリ
ップのようにする。
(16)写真のように絞る。
(17)絞った方を下にして
押さえる。
(18)このようになればよい。 (19)さらに薄く1センチくらい
にして寝かせる。
(20)合わせ目はこのように
なっている。
(21)合わせ目を上にして、両
手を重ねて8ミリくらいまで薄
くする
(22)打ち粉を表と裏に振る。 (23)円の直径方向に麺棒を
ころがして菱形を作る。
(24)幅の狭い方も延ばす。
(25)四角のようになればよ
い。
(26)均一な厚さのチェックは
二つに折って指を動かしてみ
れば分かる。
(27)びょうぶ折りにする。 (28)テープのケースをこま板
代わりにすると安全で使いや
すい。

(29)3ミリ幅に切る。
(30)できあがり。